成人の日

本日は成人の日です。新成人の皆様おめでとうございます。          今回は成人式の由来となぜ袴&振袖を着るのかについて調べてみました。   ビールは5杯目から~なガッツリ昭和世代な担当の清水です。それではどぞ~

成人の日とは祝日法より「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日」記されています。親に保護されていた子供時代を終えて大人の社会への仲間入りをするための儀式で、自分だけでなく自分を育ててくれた親に感謝する日でもあります。                                 成人の日の由来は奈良時代に行われていた「元服」「裳着」という儀式が由来で 男は12歳~16歳に元服に、女は18歳~20歳に裳着にでる事に由来し   「元服」「裳着」ともに大人が着る服を着たり、化粧などをすることで成長を祈願し、大人になったと自覚させる意味があるそうです。また1月15日に行われていた理由は元服の儀を新年最初の満月に行っていたという説が有力だそうです。        振袖や袴を着る理由については、振袖には厄除けの効果があるそうで振袖&袴は礼服であり、成人式は冠婚葬祭と同じ格式高い儀式であるため、着用することがマナーとなっています。首に巻いているあの白いモフモフがポイントではないみたいです. 新成人の方は誇りを持ち、周囲の人は祝福の気持ちを持ち、素敵な一日にしたいですね~飲みすぎ注意です。

 

いえとち本舗は、家を建てるにあたって、土地からお探しの方にぴったり!「安い方がいいけど、土地って相場がよく分からない」、「そもそも土地って色々難しそう」というお客様!いえとち本舗富山店は、“土地の買い方”からお教えしています。初めて土地を買われる方でも大丈夫。いえとち本舗と一緒に、“あなたの土地”を見つけましょう!まずはご来店&ご相談されて、お客様のお悩みをお聞かせください!スタッフ一同、ご来店をお待ちしております。

まずはホームページをご覧下さい!→ http://ietoti-toyama.com/