電気記念日

本日、3月25日は電気記念日です。では一体なぜ電気記念日は3月25日なのでしょうか?最近、なぜだか静電気の発生率激髙の担当の清水です。それではどぞ~

時は明治時代~工部省電信局が、東京都木挽町に電信中央局を作り、明治11年3月25日にその開局を祝う開局祝賀会を、同じく東京都の工部大学校(現在の東京大学工学部)の講堂で開催いたしました。その中で伊藤博文工部卿より命じられたイギリス人のエアトン教授により、その祝賀会の会場で、グローブ電池50個使って講堂の天井に設置したアーク灯を点灯させることに成功しました。これが日本で初めて公の場で電灯が点灯された瞬間になります。電灯が光った瞬間、「不夜城に遊ぶ思い」という驚きの声があがったようです。もちろん現代の私たちからしたら電気の光は当たり前のものになっていますが、当時の人からしたら火でのあかりは知っていたでしょうが、よくわからない電気の力で光ることにはとても驚いたことでしょうね。さらに明治20年(1887年)3月25日には、日本で初めての家庭用の配電がスタートしました。このことから3月25日は日本における電気にとって特別な日であり、昭和2年(1927年)に日本電気協会が毎年3月25日を「電気記念日」と制定しました。 電気を大切にしましょう!

いえとち本舗(いえとちほんぽ)で、家・土地・ローン、すべてお任せ!

富山市内で新築・中古問わずマイホームをお探しの方!アパートなどの賃貸で家賃を月3万円以上払っている方!

マイホームに関するお悩み・不安をいえとちで解消しませんか?例えば…

「自営業の自分でも住宅ローンは組める?」

「頭金っていくら必要?なくてもいいの?」

「勤続年数が少ないから住宅ローンが通るか心配」

「住宅ローンが通らないという経験をしたので諦めている」

「年収400万の自分だと住宅ローンはいくら借りれる?」などなど、住宅ローンに関するお悩みはもちろん、建物のこと、土地の選び方もご相談に乗ります♪

まずはホームページをご覧下さい!→ http://ietoti-toyama.com/