鏡餅

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今回は床の間に飾ってある白くて丸い彼・・・鏡餅について調べてみました。
お雑煮のモチ何個~?三個っ!な担当清水です。それではどぞ~

鏡餅は、新年の神様である「年神様」の依り代で、一連のお正月行事というのは
新年の神様である「年神様」を家に迎えて・もてなし・見送るための行事です。
お迎えした年神様の居場所が鏡餅だそうで、年神様は、新しい年の幸福や恵みとともに私たちに魂を分けてくださると考えられてきました。その魂の象徴が鏡餅で
家にいらした年神様は鏡餅に依りつき、鏡餅には年神様の「御魂」(みたま)が宿ります。

この鏡餅の餅玉が、年神様の御魂であり、その年の魂となる「年魂」です。
そして、年魂をあらわす餅玉を、家長が家族に「御年魂」「御年玉」として分け与えました。これがお年玉のルーツで、玉には魂という意味があります。内容が  しなっとすり替わりましたがお年玉はモチをあげればいいんですね・・・
この餅玉を食べるための料理が「お雑煮」で、餅を食べることで体に魂を取り込みました。ですから、お雑煮にはほぼ餅が入っています。鏡餅は、供えて→おろし→開いて食べることに意義がありますので1月11日の鏡開きお供えしていた鏡餅をおろして、美味しくいただきましょう。                     煮てもヨシ!焼いてもヨシ!揚げてもヨシ‼ 運動も大切…⁉

いえとち本舗は、家を建てるにあたって、土地からお探しの方にぴったり!ご希望のエリアがある方も大丈夫!いえとち本舗富山店では、不動産専門のスタッフと営業が毎日情報収集をしてお待ちしています!土地は一点モノ!きっと気に入る物件がありますよ。まずはご来店&ご相談されて、お客様のお悩みをお聞かせください!スタッフ一同、皆様のご来店お待ちしております。

まずはホームページをご覧下さい!→ http://ietoti-toyama.com/