正月の挨拶はいつまで

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
本日担当の島野です。

みなさんは正月の挨拶をいつまで言うのか疑問に思ったことはありませんか?
ほとんどの場合は1月15日迄とされているようです。
これには理由があります。
私たちが一般的に読んでいる正月には種類があり、元旦を中心としたお正月(あるいは大正月)と、小正月という1月15日に迎える正月のことです。
この小正月までを松の内と呼んでおり、この日までは正月飾りを飾る期間でもあります。
松の内が終了する日であり、正月飾りを片付けるタイミング。
つまり1月15日迄をもって、あけましておめでとうを新年のあいさつとして用いるのを終了するのが一般的となっています。

しかし、必ずしも1月15日があけましておめでとうを言い終わる日ではないのです。
というのも、実は挨拶の期限に大きく影響を与えている松の内の期間そのものが、地方によって異なっているから。
実は、関西地方の場合1月7日迄を松の内に設定しています。
それに伴い、正月の挨拶も1月7日までとしており、以降は使わないという地域もあるようです。
みなさんが住んでいる地域ではどうですか?

いえとち本舗 富山店は本日1/5(日)臨時営業しております。
1/6(月)はお休み、1/7(火)から通常営業させていただきます。
皆様のご来店お待ちしております。