おせち料理

明けましておめでとうございます。本日は、上関です。

皆さん、お正月におせち料理はいただきましたか。

おせち料理は、お正月に食べるお祝いの料理で、漢字では「御節料理(おせちりょうり)」と書きます。

おせち料理は本来、お正月だけのものではありませんでした。元旦や五節句などの節日を祝うため、神様にお供えして食べるものを「御節供(おせちく)」と呼んでいたそうです。江戸時代にこの行事が庶民に広まると、一年の節日で一番大切なお正月にふるまわれる料理を「おせち料理」と呼ぶようになったそうです。

もともとは収穫物の報告や感謝の意をこめ、その土地でとれたものをお供えしていたようですが、暮らしや食文化が豊かになるに従い山海の幸を盛り込んだご馳走となり、現在のおせちの原型ができたそうです。

また、正月三が日はかまどの神様に休んでもらおうという気持ちの表れや、主婦を家事から解放するという意味も含め、保存の効く食材が中心のものになったといわれているそうです。

人生を見直して家を建ててみませんか?家を建てることは、人生のビックイベントですよね。ならばその際に、こらからの人生のことを考えて、これからのライフプランに合ったお家を建てませんか?まずは今までの生活のことを振り返って、いつ家を持つべきなのか、自分が持つべき家とはどんな家なのか、いえとち本舗と一緒に考えてみませんか?

スタッフ一同皆様のご来店お待ちしております。