⼣刊紙の⽇

本日は、上関です。

今日は、「⼣刊紙の⽇」ですが、何故「⼣刊紙の⽇」なのかというと、1969(昭和44)年2⽉25⽇に⽇本初の駅売り専⾨のタブロイド判⼣刊紙『⼣刊フジ』が発刊されたことが由来しているそうです。

タブロイドとは新聞判型のひとつで、サイズは2種類ありB判が縦382mm×横272mmで、D判が縦406mm×横272mmとなります。

B判のタブロイドは新聞の折り込みチラシなどで使われる商業⽤サイズで、D判のタブロイドがいわゆる⼀般的なタブロイド判で、⼣刊紙に使われているサイズとなります。

⽇本で最初の⼣刊が誕⽣したのは1915(⼤正4)年の10⽉10⽇のことであり、「⼤阪朝⽇新聞」と「⼤阪毎⽇新聞」が同時に発⾏を開始していました。

⽇本最初の⽇刊紙が発売されたのは1870年のことなので、⼣刊の⽅は意外と歴史が浅く、世界の新聞事情を⾒ていくと、世界で初めて発⾏された⼣刊はヌーン・ガゼット・アンド・デーリー・スパイという⼣刊で、イギリスで1781年に発⾏されたそうです。


いえとち本舗は、家を建てるにあたって、土地からお探しの方にぴったり!

ご希望のエリアがある方も大丈夫!

いえとち本舗富山店では、不動産専門のスタッフと営業が毎日情報収集をしてお待ちしています!

土地は一点モノ!きっと気に入る物件がありますよ。

まずはご来店&ご相談されて、お客様のお悩みをお聞かせください!

スタッフ一同、皆様のご来店お待ちしております。